前へ
次へ

子供への教育をどのようにしていくか

親としては、子供が小学校に上がったころから、子供の勉強について考えることが多くなるでしょう。
子供から積極的に宿題に取り組んだり、予習や復習を行ってくれれば、親としては口出しすることもありません。
しかし、最初のうちは親から子供が勉強するように直接的に促していかないとなかなか勉強に取り組みません。
だからと言って毎日のように勉強しなさいと言ったとしても、あまり効果は現れません。
子供の立場としては、そろそろ勉強しようと考えていたのに、親から口うるさく言われてしまったのでやる気が失せてしまったということは少なくありません。
そして、これではいつになっても積極的に勉強しないので身につきません。
本来であれば、子供が積極的に危機感を持って勉強に取り組むことが重要で、これによって子供の成績は上がっていきます。
親としてはガミガミと子供に対して勉強しなさいと怒鳴るのではなく、オブラートに包んだ形で勉強に取り組むように促す程度にしましょう。
なぜ、今、勉強しないといけないのかを話してみるのも良いでしょう。

Page Top